コーヒーは体に悪いって本当?癌(ガン)になる噂の真相と体への影響

コーヒーは体に悪いって本当?癌(ガン)になる噂の真相と体への影響

親世代から、コーヒーを飲み過ぎるとガンになる!と言われたことありませんか?

コーヒーを飲み続けると悪影響があるのか、良い影響があるのか、

効果的な飲み方などを見ていきましょう。

———-

◆コーヒーは場合により悪影響

危ないのは、妊娠中の
コーヒーの飲み過ぎと、

貧血の方の食後すぐの
コーヒー。

流産や発育不全などの影響が
あると言われています。

1日に1~2杯なら
良いのですが、
さすがに5杯以上は危険です。

また、食後すぐに
飲むと、せっかく摂取した
鉄分が大幅に

失われてしまいます。
貧血の方は特に注意が
必要です。

———-

◆飲み過ぎは口臭発生原因に

コーヒー自体の香りは悪い
ものではありませんが、

口の中のph値が下がり、口臭が
発生しやすくなるとのこと。

———-

◆二日酔いにも効果的

コーヒーのカフェインには
肝臓や腎臓の働きを活発にする

作用があります。

利尿作用も強く二日酔いにも
効果があります。

———-

◆視力の低下を防ぐ効果も?

コーヒーに含まれるクロロゲン
酸は

実は加齢による視力の低下を
防ぐ可能性がある事が、

最近の研究で
分かって来たそうです。

———-

◆片頭痛(偏頭痛)に効果的。

頭痛薬には実はカフェインが
入っているものが
多くあります。

カフェインが体内に入ると、
血管を縮める作用が
あるのです。

片頭痛は血管が広がりすぎて
起こるので、

カフェインがよく
効くわけなのです。

———-

◆ポリフェノールが成人病予防に!

コーヒーにはポリフェノールが

多量に含まれていて、
非常に強い抗酸化作用が
あります。

抗酸化作用により、ガンや糖尿
病、脳卒中などを予防
できるとのこと。

飲み過ぎは悪影響ですが、1日
4杯くらいまでなら良い影響が
あるようです。

昔の方は、コーヒーは苦い=
ガンになると
考えたのでしょうか。

ガンになるどころか、逆にガン
予防だったんですね!

———-

◆コーヒー効果が出てくる時間は?

コーヒー効果が一番出てくる
のは20分~30分後。

そのためコーヒー効果が出て
ほしい20分~30分前に飲むのが
一番効果的です。

———-

◆コーヒーはブラックが理想

お砂糖とミルクを入れすぎると
太る原因になります。

何倍も飲む方は特に注意が
必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする