安全日・危険日自動計算ツール!安全日っていつ?妊娠率は?

【前回の生理開始日】、【生理周期の平均日数】、【平均の生理日数】から安全日・危険日を自動計算するツールです。安全日と危険日の違い、安全日はいつなのか、安全日の妊娠確率はどれくらいなのかの解説もツールの下にあります。


前回の生理開始日は?
生理周期(月経周期)は?
生理は何日位続きますか(不明なら5で)?
  ←先月のカレンダーも表示する場合チェック


安全日・危険日自動計算ツールの注意点

このツールはオギノ式をもとに、安全日・危険日を自動計算し、予測するツールです。 安全日・危険日は、あくまで、他の日より赤ちゃんができにくい日・できやすい日であり、 確実に赤ちゃんができる・避妊できるというわけではありませんので、ご注意ください。
★女性の体調 ★生理周期が一定でない ★服用の薬の影響
などの理由で、排卵日自体がズレる場合があり、 安全日・危険日もズレる可能性があります。 ★妊娠を望まない場合は、安全日であってもコンドーム等の避妊具やピル・殺精子剤などを使うことをおすすめします。

安全日とはどんな日?安全日っていつ?

安全日というのは、性交しても赤ちゃんができにくい日のことです。 赤ちゃんができにくいから、安全な日というわけです。 ただ、赤ちゃんが欲しい!という男女にとっては「期待薄の日」になるわけです。 安全日といっても、完全に赤ちゃんができないわけではありません。 生理不順な方の場合や、体調の変化や、服用している薬の影響などにより、排卵日がズレることがあるためです。

危険日とはどんな日?危険日っていつ?

危険日というのは、性交すると、他の日よりも赤ちゃんができやすい日のことです。 赤ちゃんが欲しい!という男女にとっては「チャンスの日」になります。

一番妊娠しやすい日(超危険日)はいつ?

一番妊娠しやすい危険日は、排卵日前日と排卵日2日前になります。 排卵日3日前も若干妊娠確率が高めです。 意外なことに、排卵日当日は、排卵日前日・2日前・3日前よりも若干妊娠確率が下がるそうです。 精子が待ち構えていて、卵子を迎える形が妊娠しやすいからとのこと。 卵子の生存日数は1日程度(受精しやすいのは排卵後6時間以内)であり、 精子の生存日数が3~5日程度(受精しやすいのは射精後2日以内)です。

危険日の妊娠確率はどれくらい?

研究方法・統計の取り方、男女の年齢などにより、結果が異なるのですが、 ある研究では、危険日に避妊を行わず性交を行った場合は10~20代の妊娠適齢期の健康的な男女で 10~30%程度といわれています。 ちなみに、30代から精子・卵子共に少しずつ妊娠しにくくなってきます。

生理中は安全日ではないの?

生理中(月経中)は、子宮内膜がはがれ落ちており、万が一受精して受精卵になったとしても、 子宮にとどまることができず、妊娠が成立しないため、妊娠確率は0に近いのですが、 生理中は、一般的に性交すべきでないため、安全日に含めないことがほとんどです。 女性の体は出血してデリケートになっており、体内に細菌やウィルスが入り込みやすい状態になっています。 細菌感染症や性病になってしまう可能性が高い時期なのです。 女性自身が何かしらの病気に感染していた場合、男性にも感染する可能性があります。 また、生理中であっても、何かの拍子に排卵が行われ、受精する可能性がありますし、 何かの拍子に、受精卵が不完全な子宮内膜に入り込むことができないからです。 どうしてもする流れになってしまった場合は、コンドーム等の避妊具を使うことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする