妊娠週数から受精日(受胎日・仲良しの日)や最終生理日を自動計算するツール

お医者様から教えてもらった、現在妊娠何週目の何日目かをもとに、受精日(受胎日・仲良しの日)や最終生理日を自動計算するツールです。



★現在の「妊娠週数」は妊娠何ヶ月・妊娠何週目?(大体でOK)



妊娠週数から受精日や最終生理日を自動計算するツール~ご使用上のご注意


このツールには誤差があり、必ず当たるわけではありません
平均的な生理周期で、順調に出産予定日で生まれる場合を想定した逆計算ツールになります。
当ツールを使用することにより生ずる一切の責任は負いかねますのでご了承ください。
その上で、お使いいただければ幸いです。
誤差が生まれる理由は、
★卵子の受精可能期間が1日から3日程度である
★精子の授精可能期間が最長7日間ある
★生理不順である
★生理周期が平均より長い
★生理周期が平均より短い
★出産予定日がズレている
★出産予定日より早めに生まれた
★出産予定日より遅めに生まれた
★その他の要因

などがあるためです。

妊娠週数(妊娠日数)から受精日や最終生理日を自動計算するツールの仕組み


まず、妊娠週数は「最終生理日からどれだけの週数と日数が経過したか」になります。
そこから、逆算して、最終生理日(最終月経日)を自動計算しています。

また、その最終生理日から、平均的な生理周期にて排卵されると想定して、
最終生理日に、平均的な排卵までの日数を加算して計算しています。

排卵日はいつ?生理からどれくらい経過後?


個人差はありますが、排卵日は、およそ生理予定日の2週間前になります。
生理周期が28日の方であれば、生理開始日からおよそ2週間後が排卵日(予定)になります。
生理周期が35日の方であれば、生理開始日からおよそ3週間後が排卵日(予定)になります。

ちなみに、正確な排卵日を知りたい場合は、基礎体温をつけます。
生理後、低温期が続き、排卵日には、少しだけ基礎体温の下落が見られ、それ以降は上昇し高温期に突入します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする